風呂日記

風呂桶英國屋(現・タッチPlus)温泉入湯記

 今回、わたくしの入湯歴でも最高の部類のマドンナのお話をさせていただきます。
 その店の名は、英國屋。残念ながら、もうその店は無くなってしまい、タッチ系列の傘下に入ったらしく、「タッチPlus」という店名に変わっているのでございます。
 英國屋は内装も綺麗な上に、受付従業員などの応対も丁寧なことから、高級店のイメージがありましたが、実際には早番の70分コースは、14500円+指名料0円という、薄野で最も時間単価が低い、超優良店だったのでございます。
 一度はイキたいと思っていたその店をネットで見ていると、顔を手で隠してはいるものの、目元が可愛いマドンナを見つけたんでございます。まらじろうは早速イッてみることにしました。
 待合室で、飲み物のメニューを渡された私は、噂に聞く「Manzoku King Miracle」を頼んで、飲み終えた後、ご案内です。

 対面したマドンナは、小柄で、美人系というよりは可愛い系で、とても感じが良いマドンナでした。
 何より、派手な感じがせず、水商売や風俗嬢といった感じは全然ありません。まらじろうのストライクゾーンにビシッと来るようなマドンナでございました。
 それが、マッ○プレイでの丁寧さったらありません。普通にやっているようでやたらと気持ちが良いのです。おまけに、その菊次郎舐めの気持ち良さは、過去最高と言って良いでしょう。ペロペロされながら、ローションまみれのまらじろうのマラを手コキされる時の気持ち良さは生半可なものではございません。とことん悶絶するレベルでございました。
 その後、マッ○上での騎乗位の気色の良いこと。後でベッドでゆっくり…という方針を変更して、大噴射させたまらじろうでした。
 その後、しばし、ベッドで談笑していましたが、私が煙草を吸わないと知ると、「じゃあ私も」と言うので、「構わないから吸って良いよ」と言ったのですが、マドンナは固辞。話している間もまらじろうの額から流れでる汗をぬぐってくれたり、Hなこと以外でも大変サービスの良いマドンナでございます。
 体型は、かなり小柄でスリム体型なので、胸はやや貧乳気味ですが…おう!そこのオッパイ星人!お前はなぁ、オッパイの大きさばかりに拘っているから、すぐ、デブスの地雷に遭遇するんだぞ。悪いことは言わねぇ…こういうマドンナとイタしてみろ。その良さがわかるから。大体、自分で、入ってみねぇとわからねぇんだよ。大体、お前と俺とは、別な人間なんだぞ。早え話がだ、俺が芋食って、お前の尻からプッと屁が出るか!…おっと、失礼いたしました。そんなわけで、貧乳気味なんてぇのは、私にとって些末なことでしかありませんでした。
 そして、いよいよベッドでの一木番。
 濃厚なキス、こちらからの愛撫に対する反応、どれも最高です。
 おまけに、それほど時間を空けないで二回戦目に突入したものですから、まらじろう自身の元気がイマイチなので、防具を外してマドンナの尾饅香に擦り付けていると、血液充填率が一気に高くなってまいりました。
 マドンナもかなり感じている様子で、「外で出すなら…」という条件で、肉弾攻撃の許可。
 まぁ、何と言いますか…具合最高です!俺が芋食って…いや、すみません。こればかりは文章で表現し尽くせませんや…何しろマドンナのお腹に噴射する時の快感を含め、「最高」でございました。
 その後も、このマドンナの元には何度も何度も通った、まらじろうでございました。
 残念ながら、今はもうこの店も無いし、マドンナもいません…が、また、夢の続きを見るとするか。
 いや〜お風呂って本当にいいですね。日本人に生まれて良かった。


BACKTOPNEXT