入国審査 << HOME << 国家戦略 << ソープランド

お風呂屋さんソープランド

慰安・ソープ快軍大尽の慰安・ソープです。

ざぁめん帝国の戦いの中でも、このソープランド紛争というのは、ざぁめん帝王が最も力を入れている主戦場です。

中でも、我が帝国は北方より興ったために、紛争痴態の中でも特に薄野地区を重要視しています。

そもそも、ソープランドは風俗の王様と呼ばれていますが、この国のお城には“本○が当然と有る”とされているのが特徴です。

ソープランドは、分類的には「特殊浴場」とか、「個室浴場」と呼ばれ、所謂“お風呂”であります。

ここの姫君たちは、個人営業主であり、ソープランドというお店を場所として借りて、コンパニオンとして、客の背中などを流してくれる存在なのです。

故に、性的なサービスをするのが前提の「ファッションヘルス」と異なり、マットなどは置いて無いことになっております。万が一、“間違えて”置いてあった場合は、保健所の査察時には撤去しておかなければなりません。

そして、個人事業主である彼女らは非常に惚れっぽい性質を持っており、初対面の客と僅かな時間で恋に落ちてしまうために、殆ど必ず本丸へとご招待してしまうようです。

戦場にもよりますが、最近は衛生防具着用が義務づけられている場合が多いのと、流し湯での洗浄効果が他の風俗より高いために、風土病である性病が伝染する割合は比較的低いとも言われていますが、勿論、油断は禁物であることは言うまでもありません。

最近は、殆どの店舗でインターネットでの検索が可能になっていますが、姫君の顔はぼかしてあったり、何かで隠してあったり…は、まだ良いのですが、画像を加工して、殆ど別人のようになっているケースも多々、見かけます。別人のようになっているからこそ、こういう店でコンパニオンとして顔出し出来るという事情もありますが、店の方の思惑もありましょう。我々はエロ電波を受信するモノポールアンテナの感度を最大級にして、情報収集して突撃するしかないようです。

例えば、太めが苦手な人は巨乳…と言う言葉に疑いを持ってみるとか…(笑)

まぁ、つまらん蘊蓄うんちくはこの辺にして、ソープランド攻略のための戦略を立てましょう。

それぞれの地区により、様々な違いがあるので、まずは地区ごとに情報を収集し、戦略を練ることとします。


ソープランド紛争地区